ネタバレありの映画鑑賞記録です。ネタバレの嫌いな方はご注意下さい。
映画が中心ですが、一部演劇、ミュージカルもあります。

<< スターウォーズ・エピソード3 | main | ハリー・ポッター 炎のゴブレット >>
レジェンド・オブ・ゾロ
レジェンド・オブ・ゾロ


■監督   マーティン・キャンベル
■脚本   ロベルト・オーチー アレックス・カーツマン
■キャスト アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ルーファス・シーウェル、アドリアン・アロンソ、ニック・チンランド

  公式HP:レジェンド・オブ・ゾロ




#ストーリー
1850年、カリフォルニアはアメリカ合衆国の31番めの州になろうとしていた。
横暴な領主たちの支配から解放され、自由で平和な暮らしを手に入れるという夢が叶おうとしている。
最終的な結論はカリフォルニア全域で行われる投票で決定するが、サンマテオでの投票では、暴力で富を手に入れようとする悪名高いジェイコブ・マクブンス(ニック・チンランド)が手下を引き連れて妨害に現れた。
しかしこの地には黒いマスクで素顔を隠し、愛馬トルネードにまたがりどこからともなく現れれ、悪を滅ぼす男、ゾロ(アントニオ・バンデラス)がいた。
一方、ヨーロッパを支配する闇の組織が「500年の予言」に従って、アメリカの滅亡を企んでいた。


以下ネタばれあり。

この手のアクションモノでは定番といえるのだろうけど、しょっぱなからゾロの派手なアクション。
合衆国併合の投票を邪魔しようとするマクブンスから投票箱を奪い返す。
投票が邪魔されないようにとあらかじめゾロを呼ぼうと教会の鐘を鳴らそうとするホアキン(アドリアン・アロンソ)。
リンゴを盗んだり、ちょっと悪ガキな感じなんだけど、なんだかとってもカワイイ。
ゾロはカッコいいけど、ちょっと無駄な動きが多い?(笑)
おまけに、悪役のマクブンスは高いところから首から落ちても死なない。
水戸黄門並の不自然さ(笑)
不自然といえば、この投票ってれって昼間なのに、マクブンスから投票箱を取り返して、ゾロが家に戻ってくるのは夜。
なんと、ホアキンはエレナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の目を盗んでベッドを抜け出して投票会場に行ったらしい。。。?
と、端から突っ込みどころ満載。

見所は、ラストの機関車での親子3人のアクションシーン。
手に汗を握るというか、ゾロが勝つとは解っていても、つい引き込まれる。
このシーンを観るために1500円を払ったといってもいいかな。


この映画は、ゾロのアクションを魅せるのが主題だから、ゾロのアクションはもちろん楽しい。
身の安全を案じる妻に「“ゾロ”を辞めないと離婚」されて、失意で荒れた生活を送ったり、別れた妻の新しい婚約者に嫉妬したり、ヒーローにあらざらぬ人間味も楽しかった。
冒頭のアクションシーンでも、しっかりミスをする。
そういうところも人間味?(笑)
でも、観ていてなんとなく「Mr.インクレディブル」を想像させちゃった。
これって失敗?それとも狙い?

エレナのアクションの方が見所だったり?(笑)
あの永いクラシカルなドレスを着て男を蹴り上げたり、剣でやりあったり、ゾロ並のアクションだものね。
ただ、キレイなだけではヒーローの奥さんにはなれない?
それにしても、キャサリンって美人だね〜
アクションもさることながら、実は顔ばかり見ていた(^^ゞ
なんだか唇が色っぽくて。。。って私は男か?(笑)

ホアキンはやっぱり悪ガキ?(笑)
学校では得意のパチンコで教師にいたずら。
ゾロに憧れているだけあって、身のこなしもゾロ顔負け。
このシーンはなかなか面白かったよ。
でもねぇ。。。マクギブンスに襲われた所を助けられて、「ゾロに会った」と感激するのは単純すぎ?
普通、あんなに近くにいたら、ゾロが父親って気がつくよね。
しゃべっているんだし。
でも、さすがにゾロの息子。
最後は大活躍だものね。
剣が強かったり身体能力が高いだけではヒーローにはなれない。
やっぱり機転が利かないとね。
そういう意味では、ホアキンは小さいながらも機転が利いて、将来のゾロ2号の資格充分よ(^^)

で、本当の主役といえるのはトルネード。
トルネード君ったら大活躍だったものね(^^)
機関車と同じ、いやそれ以上の速さで走る馬も漫画ならではなんだけど、メキシコの馬(?)だからスペイン語しか理解できず、主人からの英語の命令を無視してみたり、ワインを飲んだり、パイプを吸ったり。
アクション映画に一息を入れるさせるギャグに素直に笑えた。
きわめつけは、最後のひと踏ん張り?
充分ゾロ・ファミリーの一員としての働きだね(^^)


ストーリーは勧善懲悪で、目新しい訳ではない。
でも、安心して楽しめる楽しい映画(^^)

こちらのサイトでも感想が読めます。
レジェンド・オブ・ゾロ@映画生活
Link用URL | 映画 [ら]行 | comments(0) | trackbacks(0)|
0


    -->

    コメント

    お気軽に一言残してくださいね









    この記事のトラックバックURL
    http://cinema.coo.main.jp/trackback/412278
    トラックバック

    | /PAGES |  Page top



     
     
     
     
     
     
     












    このページの先頭へ