ネタバレありの映画鑑賞記録です。ネタバレの嫌いな方はご注意下さい。
映画が中心ですが、一部演劇、ミュージカルもあります。

<< TAXI NY | main | オーシャンズ12 >>
オペラ座の怪人
水曜日は映画の日。
今週もやはり映画を観て来た。
今日は、「オペラ座の怪人」。

最も有名なミュージカル「オペラ座の怪人」を完全映画化したと言われるもの。
豪華絢爛で音楽も美しく、ミュージカルの映画化としても最も成功した例といえるんじゃないだろうか。
それにしてもすごい人気。
まだ公開されて1週間も経っていないのに、パンフレットもサントラCD(限定版)も売り切れ。。。


1919年のパリ。
今や廃墟と化したオペラ座で、かつての栄華を偲ぶ品々がオークションにかけられていた。
そこには、老紳士ラウル・シャニュイ子爵(パトリック・ウィルソン)と年老いたバレエ教師、マダム・ジリー(ミランダ・リチャードソン)の姿。
やがて、謎の惨劇に関わったとされるシャンデリアが紹介され、ベールが取り払われると、ふたりは悲劇の幕開けとなった1870年代当時へと一気に引き戻される。

当時オペラ座では謎の怪人の仕業とされる奇怪な事件が続いていた。
そんな怪事件が元で役を降板したプリマドンナのカルロッタ(ミニー・ドライヴァー)の代役を務めたのが亡き父が授けてくれた“音楽の天使”の指導で歌の才能を伸ばしてきたバレエダンサーのクリスティーヌ(エミー・ロッサム)だった。
初舞台は成功し、喝采を浴びた彼女は幼馴染みのラウルと再会する。
再会を喜び合うも束の間、彼女は仮面をかぶった謎の怪人・ファントム(ジェラルド・バトラー)にオペラ座の地下深くへと連れ去られてしまう
クリスティーヌは、ファントムを亡き父親が授けてくれた“音楽の天使”だと信じてきたが、地下の隠れ家で仮面をはぎ、その正体を知ってしまう。


以下ネタバレあり。

1919年、オペラ座だけでなく、町全体が廃墟のよう。
それもそのはず、1919年といえば、パリ講和条約締結の年。
ヨーロッパが戦場となった第1次世界大戦が終わったばかりだものね。
なんて思いながら見始めた。。。

オークションにかけられるシャンデリアのベールが取り除かれ、天井に上っていきながら舞台が一気に1870年代に変わる。
戦後の荒廃をイメージさせるモノクロームから、豪華絢爛、明るく華やかな世界に変わる場面には、ゾクゾクさせられた。
いや、ワクワク感というのかな。
勿論、パイプオルガンが奏でるあの音楽の効果もあるのだけどね。


オペラ座の怪人は1987年にロンドンのハー・マジェスティ劇場(Her Majesty's Theatre)で見た。
ロンドンでも1986年に初めて上演されたミュージカルだけど、私がロンドンに旅行した時には既に日本でも劇団四季が上演していた。
当時既にかなりの評判だったから、“これは是非本場で見なければ”と思ったのよね(笑)

映画はそのミュージカルの完全映画化といわれていた。
でも、何となくストーリーが違うように感じたのよね。。。

1番の違いはシャンデリアが落ちるシュチエーション。
ミュージカルでは、確か、"イルムート"で主役の伯爵夫人を演じたクリスティーヌに向かって(実際は観客席に向かってくるように感じる)落としたはず。
それが、映画では、“ドン・ファン”の最中、クリスティーヌをさらっていく場面でシャンデリアを落とすのよね。
その結果、オペラ座が火事になる。
冒頭のオペラ座の荒廃はその火事の所以かと思わせられた。。。(^^;

また、ミュージカルでは、ファントムのクリスティーヌに対する愛は“純愛”に思えた。
コレは、私の英語の理解力不足によるのかもしれない。。。
でも、源氏が若紫を育てるような、父の愛と男の愛が混じっていて、クリスティーヌとラウルの恋にジェラシーは感じるものの、より大きな愛があったように感じていた。
もっとも、クリスティーヌにプライドを傷つけられたファントムはクリスティーヌに“復讐”をするのだけどね。。。
映画のファントムの愛は、クリスティーヌ自身が言うように捩れている。
クリスティーヌがファントムの人格を否定するような事を言ったのは、オペラ座が火事になった後。さらわれた後だ。
だからファントムがオペラ座に火をつけたのは、プライドを傷つけられたからではなく、ラウルにクリスティーヌを奪われるのが嫌だというジェラシーからの行動と言う事になる。
なんだかストーカー的で納得がいかないなぁ。。。

で、最後。
クリスティーヌが、ファントムに対して「ずっと惹かれていた」と唐突に言うのもヘンだし、“貴方は人格が歪んでいる”と言った時、「貴方の望みは歪んだ肉欲」と言ったのもなんだか唐突。
さらわれたクリスティーヌを追ってきたラウルが、ファントムに殺されそうになった時に「私を裏切らないでくれ」言うのもおかしい。
ミュージカルでは、クリスティーヌに対する男性2人の“純愛”を感じたのに、これでは純愛とは言えない。。。
と思ったら、公式HPのBBSでも話題になっていて、これは誤訳らしい。
「ずっと惹かれていた」は「貴方は孤独ではない」で、「私を裏切らないでくれ」は「私の事は考えなくていいから、(クリスティーヌが生き延びる為に)彼を愛すると言ってくれ」だったらしい。
それなら納得。
多分、「貴方の望みは歪んだ肉欲」も「飢えた悪魔の餌食」だったんだよね。。。
このシーンって、3人が互いに言い合っていて、英語のセリフが聞き取りにくくて、つい字幕に頼っちゃったのよね。。。(^^;
でも、本来の意味とは真逆の意訳はダメでしょう(笑)

他に突っ込みどころとしては、クリスティーヌが舞台で口をぽかーんと開けている所と、雪の日の夜に胸元を大きく開けた服でお父さんの墓所に向かう所かな。
寒さに強い私でも、雪の夜にあんな格好じゃ外に出ません(笑)
あとは、冒頭のオークションのシーンで6tもあるシャンデリアをたった1人で持ち上げるのはあり得ないと言う所かな(笑)
映画で使われたものは2tだったらしいけど、2tだとしても1人じゃ持ち上がらないよ。。。(笑)
そうそう、冒頭のオークションのシーンでは、1870年代に10代後半の娘(メグ)を持つ母親だったマダム・ジリーとラウルの年齢と老化の度合いが。。。?
公式HPを見るまで、あの女性は娘のメグだと思っていたのよね。。。
なんで、ラウルよりマダム・ジリーの方が若いのだろう?
16、7の娘を持つ母親なら40歳前後だと思うのだけど、1870年代に40歳だとして、40年後は80歳近いよね。。。
あの女性はどう見ても60代にしか見えないのだけど。。。


全体に辛口の批評になってしまったけど、映画そのものは面白かったと思っている。
辛口になったのは思い入れが強かったから。
冒頭のシーンは舞台ではああはいかない。
オペラ座の舞台を色々な角度から見せるシーンや、役者の表情をアップ見るのも映画ならでは。
そういった映画ならではの手法は充分楽しんだし満足している。

無垢な美しさを持つクリスティーヌにエミー・ロッサムは適役だったと思うし、7歳の時にオペラの舞台に立ったというその歌唱力もさすがだ。
ファントムのジェラルド・バトラーは歌はちょっとだったけど、声はイイ。
目をつぶってあの声を聞いても彼に惚れてしまうかも(^^)
そういう意味では、ラウルがちょっと物足りなかった?
単独ではいい役者だと思うけど、今回は2人のキャラクターに負けていたかも。
あぁ。。。最後まで辛口になっちゃった。。。(^^;

口直しに、好きなシーン(笑)
湖の様な地下水路をファントムとクリスティーヌが舟にのって渡るシーン(此処はミュージカルでも一番好きだった)と“マスカレード”、そして最後のお墓にあるバラ。
ラウルは、オークションでサルのオルゴールを落とした時にファントムのクリスティーヌに対する愛情に思いを馳せたのだと思う。
懐かしさと共に、同じ女性を愛した相手に“同士”の様な感情を持ったのだと思う。
そして、クリスティーヌのお墓にバラの花が供えてあったのを見て、彼の愛が未だ続いているのを感じて嬉しく思ったんじゃないかな。。。
って、実はメグ(もしかして、マダム・ジリー?)が供えたんじゃないかと思ったのは内緒♪


##おまけ  2003年にオペラ座で撮ったもの。
当時のオペラ座の外観
当時のオペラ座の外観

シャンデリア(当時の天井画は当然シャガールではないですが。。。)
シャンデリア

エントランスの階段
エントランスの階段


Link用URL | 映画 [あ]行 | comments(0) | trackbacks(0)|
0


    -->

    コメント

    お気軽に一言残してくださいね









    この記事のトラックバックURL
    http://cinema.coo.main.jp/trackback/42751
    トラックバック

    | /PAGES |  Page top



     
     
     
     
     
     
     












    このページの先頭へ