ネタバレありの映画鑑賞記録です。ネタバレの嫌いな方はご注意下さい。
映画が中心ですが、一部演劇、ミュージカルもあります。

<< 白いカラス | main | スキャンダル >>
スイミング プール
スイミングプール

サラ・モートンはイギリスの人気ミステリー作家。
恋人関係にある出版社の社長ジョンは、彼女に南仏にある自分の別荘に行くことを薦める。
“自分も後から行く”というジョンの言葉に促されて南仏に行ったサラは、のどかな風景と快適で自由気ままな別荘暮らしの中で久しぶりに創作意欲がわいてくるのを感じた。
そんなサラの前にジョンの娘ジュリーが現れる。
昼はプールサイドで寝そべり、夜は行きずりの男たちとsexをするジュリーを疎ましく思うサラ。
しかし、サラは彼女をモデルにした小説を書くことを思いつく。。。

監督・脚本は“8人の女たち”のフランソワ・オゾン。
主演はオゾンの“まぼろし”に主演したシャーロット・ランプリングと、オゾンの“焼け石に水”で注目され、“8人の女たち”にも出演していたリュディヴィーヌ・サニエ。
オゾンの映画はヒロインが突然脱ぐとか、突然激しいラブシーンとかがお決まりらしい。
この映画でもランプリングのヌードと、サニエのsexシーンがある。
でもランプリングのヘアヌードはあまりにも唐突で、意味不明(笑)
サニエのsexシーンはそんなにエロチックではない。
寧ろ美しいと言えるほど。
若い、美しい身体と言うのは、絵になるのね。。。
ただ、それを見ているサラの嫉妬(?)が怖い。。。

ミステリーとは言え、最後のドンデン返しには唖然。
最後の数カットで“え?”と言う感じ。
“解らない人が大勢いる”と事前に聞いていたけど、私にも解らなかった(^_^;)

それとなく小さな謎をちりばめ、観客をミスリードしていく。
これって、“8人の女たち”と同じ手法。
その手法にまんまと載せられてしまった。。。(^_^;)
地味だけど、映像はフランス映画らしい綺麗さで、なかなか面白かったよ。

Link用URL | 映画 [さ]行 | comments(0) | trackbacks(0)|
0


    -->

    コメント

    お気軽に一言残してくださいね









    この記事のトラックバックURL
    http://cinema.coo.main.jp/trackback/59880
    トラックバック

    | /PAGES |  Page top



     
     
     
     
     
     
     












    このページの先頭へ