ネタバレありの映画鑑賞記録です。ネタバレの嫌いな方はご注意下さい。
映画が中心ですが、一部演劇、ミュージカルもあります。

<< ギター弾きの恋 | main | ヴァン・ヘルシング >>
華氏911
今日は映画の日で、華氏911を見てきた。
事前に知っていた情報では、反戦・反ブッシュのプロパガンダ映画と言う事だったがどうなのだろう?
確かに、親ブッシュではないが、プロパガンダと言う程のモノなのかしら?と思ってしまった。
そして、ドキュメンタリー映画でもないなぁ。。。

映画は前半と後半では趣きが違う。
前半はブッシュとサウジアラビアとの関係、利権に関する事実紹介とブッシュの無能ぶりを論っている。
私が受けた感じでは、911の事件の取り上げ方もその中のエピソードの一つでしかない。
エピソードと言うのは適当でないと言う人があるかも知れない。
あれはブッシュとサウジアラビアの関係が深いことを証明する一つの証拠だと。
でも、映画では911の事件に関しては深い掘り下げがあったとは思えず、事件の発生を知ったブッシュが視察中の小学校の教室でのアホ面を映したかったのかもしれないと思える程度の扱いだと思う。
そして、正直言って、あのアホ面以外見るものはなかった。
だって、ブッシュ家とサウジアラビア王室っやビンラディン家の関係なんて皆知っている事だし、それが石油の利権がらみだという事も。
別に今更ムーア監督に教えてもらわなくても。。。って感じだものね。
そういった事を面白おかしくクリッピングしているだけのフィルムではドキュメンタリーとは言えない。
確かに“反ブッシュ”と言う主張は感じるけど。。。でも弱いよね。
見ていて思ったのは、善朗君が首相だった頃のワイドショーの叩き方と似ているなって事かな(笑)
そういえば、ムーア監督はブッシュと周りの政府高官を“アホ”と描いていたけど、アメリカの世論をイラク戦争賛成に導くマインドコントロールなんかを考えたブレーンに付いては全く触れられていなかったわね。。。

後半はイラク戦争。
ストーリーは、イラク戦争はアメリカをテロから守る為の戦争ではなく、ブッシュがブッシュ家とサウジアラビア王家の利権の為の戦争だというもの。
それも以前から言われている事で特別目新しいことではない。
尤も、アメリカ人はその事を知らない人も多かったらしい。
それはこの映画で“初めて事実を知ったと言うアメリカ人が多い”と言う報道でも判るし、アメリカに留学している女性の日記にも書いてあった。
また、私が去年日記にイラク戦争を“ブッシュの戦争”と書いたところ、アメリカ人と思われる人から“ブッシュの戦争ではなくアメリカの戦争”とコメントを頂いたので、そう思っていた人も居るのだろう。
アメリカでマスコミに対する報道規制があったのか、ムーア監督の言うように意図的に操作されたのか判らない。
でも、アメリカに留学している女性の日記では“アメリカ人の4割は新聞もテレビも見ない”とあったから、色々な報道があったとしても一部の人しか知る事は無かったのかもしれない。
そう言う意味では日本人の方が知っていたのかもしれない。

新しく知る事が無かったから私がこの映画を評価出来ない訳ではない。
でもなんだか違和感があるのよね。。。
なんだろう。。。

あのイラクで息子をなくした母親に対して、優しさを感じられなかったかな。
“戦争は憎むべきものではあるけど、兵士は憎しみの対象ではない。”とは、彼女の言葉。
ムーア監督はこの映画にメッセージを強く込めている割には、この兵士の母親には同情も哀れみもない。
彼女に対する優しさも感じられない。
寧ろ突き放した感じさえする。
なんでなのかなぁ。。。
でも、多分、ムーア監督がこの映画に込めたメッセージって、この辺りなんじゃないかなと思うのよね。
反戦へのメッセージもあるだろうけど、その芯は“一部の富裕権力者の為に、貧しい若者が死んでいく”という事が言いたかった。
戦争そのものへの“反対”ではなく、貧者が権力者の犠牲になる事への“反対”だったのね。
そしてその富裕権力者の代表がブッシュ君だったって事なのね。
前半、前の大統領選でのブッシュの“不正”を描いていたけど、もしあの時ゴアが勝っていたら、華氏911の主役はゴアだったかもしれないって事だよね(笑)
Link用URL | 映画 [か]行 | comments(0) | trackbacks(0)|
0


    -->

    コメント

    お気軽に一言残してくださいね









    この記事のトラックバックURL
    http://cinema.coo.main.jp/trackback/64274
    トラックバック

    | /PAGES |  Page top



     
     
     
     
     
     
     












    このページの先頭へ