ネタバレありの映画鑑賞記録です。ネタバレの嫌いな方はご注意下さい。
映画が中心ですが、一部演劇、ミュージカルもあります。

<< 五線譜のラブレター | main | オペラ座の怪人 >>
TAXI NY
、今日はTAXI NYを見てきた。

この映画は、リュック・ベッソンの「TAXi」を、舞台をニューヨークへ移してリメイクしたもの。
今回はドライバーも女性なら、敵役の銀行強盗も女性、それもとってもセクシーな美女たち。

メッセンジャーからタクシー運転手へ転身したベル(クイーン・ラティファ)は、高性能の改造車を操り、圧倒的なスピードとテクニックで仕事をこなしていた。一方、ニューヨーク市警のウォッシュバーン刑事(ジミー・ファロン)は、腕は立つものの超ド級の運転ベタ。潜入捜査でドジを踏み、車を取り上げられたウォッシュバーンは、偶然ベルのタクシーを拾い銀行強盗の現場へ直行する。犯人は、モデル張りのスタイルを持った4人組の美女。こうしてベルは、ウォッシュバーンに巻き込まれ、美女強盗団を追うことになる…。(公式HPより)
ニューヨークの街を、スーパーチャージを搭載した(ありえない!)タクシーで所狭しと疾走する痛快、ド派手なカー・アクション映画。
何も考えずに、ただただ単純に笑える、楽しい映画。


以下ネタバレあり。
NYといえばイエロー・キャブ。
原作(前作?)を見ていなかった私は、映画の出だしで自転車のアクションがよく理解できなかった。
でも、ベルが単にスピード狂と言うのではなく、目的地に“早く”着くのが好きなのだと言う事は“解った”。

で、退職祝いの記念品にチタンのターボチャージャー。

何で?
と思ったら、とってもステキな男性が登場。
刑事のウォッシュバーンじゃなくって、ベルの恋人のジェシー。
こういう顔の男性って好きだわ♪

一方、ドジな刑事のウォッシュバーンは。。。
初めは颯爽とした刑事ぶり。
でも、直ぐに正体がバレて犯人グループに逃げられる。
同僚が撃たれて、彼が車を運転することになるのだけど、これがなんと、運転オンチ。
最初は、単に初心者なのかと思ったけど、実は強度の運転オンチ。
結局運転免許は没収されるのだけど、それ以前に、何故免許が取れたのだろう?
よく、アメリカの運転免許は、スタートとストップが出来れば取れると言われていたけど本当なのね〜と思えるようなオンチぶり。
此処まで徹底していたら、笑うしかないって感じよね(笑)
公式HPでは、“刑事としては腕利き”とあったのだけど、この時点で既にドジ男君。

免許を取り上げられ、パトロールに配置換えされたウォッシュバーンが銀行強盗を追いかけてベルのタクシーに乗る。
銀行強盗は真っ赤なBMWに乗ったセクシー美女。
彼女らを見ているだけでも、男性は満足なんじゃないかしら?なんて思ってしまう程の美女ぞろい(笑)
後で、ウォッシュバーンの元カノの警部補が銀行強盗の人質になるとき、同僚警官たちが自分が「人質になりたい」って言ってたけど、私が男性でもそう思うかも(笑)

その後のカー・チェイスが面白い。
NYの混雑した道を、道に詳しくないハズの外国人の美女強盗と道に詳しいハズのタクシードライバーのカー・チェイスだもの。
普通だったら、タクシードライバーに有利。
それに、“007”でボンドが運転する車のように、考えられない程の改造を重ねて、スピード違反で警察に追いかけられた時のためにナンバープレートも変更できるようになっている車だもの、当然ベルが有利よね。。。
なのに、ベルは美女強盗を取り逃がしてしまう。
まぁ、捕まえてしまったら話は続かないけどね(笑)

一方の美女強盗はBMWの760!(7シリーズにそんな車があるとは知らなかった。。。)
改造車とは言え、タクシーに追いつけるはずもなく、ドンでもないスピードと、ドライビングテクニックで逃げてしまった。
すごっ!
でも、このカー・チェイスのシーンを見ていたら、何故か、“私をスキーに連れて行って”で原田貴和子と高橋ひとみが雪道をセリカで飛ばすシーンを思い出しちゃった。。。

ダメ刑事君はずっとドジばかり。
あんな男が部下や相棒で居たら、イライラするだろうな。。。
元カノ(上司の警部補)の前でちっともいい所を見せる事ができくて、彼女もイライラのしっぱなし。
そんなドジ男君は母性本能をくすぐるのか、ベルが運転のコーチをしてあげる。
ベルが“リラックス”と言っているにも関わらず、その時のドジ男君の肩の力の入りようがまた可笑しい。
でも、このドジ男君、最後になって“腕利き刑事”ぶりを発揮するのね(^^)
そして最後は、ベルを助けるために自分が運転。
バックで何キロか走ったみたいだけど、ちょっと前の運転オンチぶりがウソのよう。
って、最後にちゃんとオチもあったけどね(笑)

いや〜、笑った〜
ちょっと、腹筋痛いかも。。。(^^;


ベル役のクイーン・ラティファは“シカゴ”で女性看守役をしていた。
あの時はなんだか憎らしい役だったけど、ベルはとってもチャーミングな女性。
ジミー・ファロンは私は知らなかったけど、人気コメディアンらしい。
ジゼル・ブンチェンって、デイカプリオの彼女だったモデルさん。
ジェシー役は、ヘンリー・シモンズ。
他にどんな映画に出ているのかしら。。。

そういえば、ベルは運転中にハンドルを取り替えていたけど、やっぱりMOMOのハンドルって走り屋には必須なのかな?
Link用URL | 映画 [た]行 | comments(0) | trackbacks(0)|
0


    -->

    コメント

    お気軽に一言残してくださいね









    この記事のトラックバックURL
    http://cinema.coo.main.jp/trackback/64559
    トラックバック

    | /PAGES |  Page top



     
     
     
     
     
     
     












    このページの先頭へ