ネタバレありの映画鑑賞記録です。ネタバレの嫌いな方はご注意下さい。
映画が中心ですが、一部演劇、ミュージカルもあります。

<< 劇評 | main | チベットの女 >>
オースティン・パワーズ ゴールドメンバーとチョコレート
映画館で見たバリアフリー - 今日は水曜日でレディース・ディだったから、久しぶりに映画を見てきた。
昨日から、体調が悪いのに、
オースティン・パワーズ ゴールドメンバーチョコレートの2本を。
この2本、チョコレート繋がりかな(謎)

オースティン・パワーズの方は単純に楽しかった。
このシリーズ初めて見たので、ミニ・ミーをマイク・マイヤーズのCGかと思ってしまった(^^ゞ
白木みのる並(以下?)の身長しかないんだもの。。。
でも、大笑いしたおかげで、少し気分が悪いのが飛んだかな。(笑)

チョコレートの方は、アカデミー賞やベルリン国際映画祭で賞を取っているから見たいな、なんて思ってたのだけど、
これってR-18指定なのね。
ラブシーンの性描写がっていうより、死刑の処刑シーンがあるからR指定なんだと思うんだけど。。。
黒人に対する人種差別の残る南部アメリカの、すごく切ないラブストーリー。
人種差別人種差別主義者のハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)が黒人のレティシア(ハル・ベリー)と心通わせていく内に
黒人に対する差別意識が無くなっていく。
ハンクがレティシアの夫の刑を執行した看守と判った後の
ラストシーンでハンクが「俺たち上手くいくよ」って言った時の、ハル・ベリーの表情が良かったなぁ。。。

Link用URL | 映画 [た]行 | comments(0) | trackbacks(0)|
0


    -->

    コメント

    お気軽に一言残してくださいね









    この記事のトラックバックURL
    http://cinema.coo.main.jp/trackback/64570
    トラックバック

    | /PAGES |  Page top



     
     
     
     
     
     
     












    このページの先頭へ